2019年08月07日 10時00分 公開
PR

“攻め”と“守り”IT部門主導のデジタルトランスフォーメーションが少ないのは、なぜか

デジタルトランスフォーメーションにはITが不可欠であるにもかかわらず、IT部門が主導している企業は多くない。それはなぜなのか。既存システムを維持しながら新たな取り組みを進めるために、IT部門に必要な変革とは何だろうか。

[TechTargetジャパン]

 デジタルトランスフォーメーション(DX)はここ数年で大きなトレンドとなり、取り組む企業が増えている。「デジタル化することで変革を目指す」ため、ITが欠かせない。だが、IT部門がDXに関わっている日本企業は、それほど多くない。なぜならIT部門は既存システムの運用管理で忙しく、DXについては、もっぱら事業部門や専門の組織が担当しているからだ。

 本来は、既存システムやITに精通したIT部門がDXを主導すべきであり、グローバルではそうした体制が一般的だという。なぜ日本企業はこうした体制を築いていないのか。その背景を明らかにし、IT部門自身が変革するための方法を解説する。

提供:ヴイエムウェア株式会社

提供:ヴイエムウェア株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部