2019年08月20日 10時00分 公開
PR

従業員に無理をさせないIT化究極の効率を目指すファストネイルが10年間あのグループウェアを使い続けた理由

「攻めのIT化」によって全国50店舗のネイルサロンのオペレーションを効率化し、サービス品質を向上させる企業。その鍵は10年間使い続けているグループウェアにあった。

[ITmedia]

 どの企業においても、IT化によって業務を効率化させることは喫緊の課題だ。しかし、ITツールを企業に根付かせることは簡単ではない。まして、ITリテラシーがそれほど高くない従業員を抱える企業にとって、ツールの利用を全社に促すことは大変な労力を伴う。全国に多くの拠点や店舗を抱える場合は、管理や統制にかかる工数も小さくない。

 東京に本社を据え、全国に50店舗のネイルサロン「FASTNAIL」を展開するコンヴァノは、10年前にあるグループウェアを導入した。今では全ての従業員がその機能を活用して、効率的に業務を進めている。導入当初こそ1ユーザー当たり月額150円という価格に引かれたが、10年も活用する理由は、「シンプルで使いやすいこと」「時代に合わせて必要な機能を活用できること」だ。高効率のオペレーションで高い顧客満足度を実現したFASTNAILを支えるグループウェアとはどのようなものか。

※本稿は、キーマンズネットからの転載記事です。

提供:リスモン・ビジネス・ポータル株式会社

提供:リスモン・ビジネス・ポータル株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部