2019年08月22日 10時00分 公開
PR

日本アイ・ビー・エム株式会社提供Webキャスト立ち遅れる国内キャッシュレス決済、普及率を高めるための鍵とは?

国内でもようやく普及の兆しを見せ始めたキャッシュレス決済だが、諸外国に比べてまだ立ち遅れが目立つ。この状況から脱却し、普及率を高めていくためにはどうすべきか。大手決済ブランドの取り組みから、その手掛かりを探る。

[TechTargetジャパン]

 国内でもようやく普及の兆しを見せ始めたキャッシュレス決済。これは文字通り、クレジットカードやデビットカード、モバイルデバイスなどを使い、現金なしで決済を行うものだ。世界レベルでは既にキャッシュレス決済は当たり前になっており、特にカナダや中国、韓国などのキャッシュレス決済先進国に普及率で大きく水を空けられている。

 そのため、国内で開催される世界的イベントなどに向けて、国内キャッシュレス決済の普及が期待されている。現在わずか18%にとどまっている普及率を高めていくことは、今後増加が見込まれるインバウンド需要に応えるため、さらには地方経済の活性化を後押しするためにも重要となるだろう。

 本コンテンツでは、キャッシュレス決済を取り巻く国内環境を解説するとともに、国際的な決済ブランドによる普及促進のための取り組みを紹介する。キャッシュレス決済を推進する上で重要となる、決済インタフェースの進化、セキュリティと利便性などについても分かりやすく言及されているため、ぜひ参考としてもらいたい。

動画を視聴する

動画の視聴方法

みなさまがお持ちのアイティメディアID会員情報で「Think Online 2019──デジタル変革の道しるべ」のコンテンツをご覧いただけます。

Think Online 2019 登録 STEP:
  1. 「動画を視聴する」 をクリック、アイティメディアIDのパスワードを入力
  2. ユーザー情報確認画面で「送信」をクリック
  3. Think Online 2019 登録ページで登録情報を確認して「送信」をクリック

以上で登録は完了です。動画の閲覧が可能になります。

動画の見つけ方

  1. 「業種別ソリューション」をクリック
  2. キャッシュレス化への取り組み〜イノベーションがもたらす決済の未来〜」をクリック
画像 黄色枠のカテゴリを選択してください
画像 黄色枠の動画をクリックいただくと閲覧できます

動画を視聴する

提供:日本アイ・ビー・エム株式会社

提供:日本アイ・ビー・エム株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部