2019年08月22日 10時00分 公開
PR

日本アイ・ビー・エム株式会社提供WebキャストAI活用のハードルを高く感じる企業に勧めたい、AIツールの短期導入術

多様な業務領域での活躍が期待されるAIだが、その導入ハードルは高いと思われがちだ。ただ、身近なビジネス課題に対して、用途に応じたAIサービスを適用するなら、数週間という短期間で導入することも可能になっている。

[TechTargetジャパン]

 AIは幅広い分野に浸透し、今や企業規模にかかわらず8割以上の企業がその効果を重視しているといわれる。一方で、従来にない技術なだけに導入をためらう企業も多い。そこで、スムーズにAI導入を進める手法として推奨されるのが、身近な課題へのAI活用だ。

 例えば、ヘルプデスクの問い合わせ対応では、一問一答形式のFAQチャットbotを導入し、継続的にAIをトレーニングする環境を整備する。AIサービスの中には、トレーニングを容易にするテンプレートや、運用性の高い分かりやすいUIツールを備えたものもあるため、ヘルプデスク対応のAIを育てながら、AI活用のノウハウを蓄積し、AI文化の醸成を図ることができる。

 本コンテンツでは、ヘルプデスク対応をはじめ、修理対応や知財・法務業務などの文書検索システム、議事録のリアルタイムテキスト化システムなど、ビジネスシーンの中でも身近な領域の自動化・効率化を可能にするAIツールを紹介している。いずれも数週間程度の短期間で導入できるため、「AIのポテンシャルを確かめたい」「AI活用に向けた一歩を踏み出したい」という企業にとって最適な選択肢となるだろう。

動画を視聴する

動画の視聴方法

みなさまがお持ちのアイティメディアID会員情報で「Think Online 2019──デジタル変革の道しるべ」のコンテンツをご覧いただけます。

Think Online 2019 登録 STEP:
  1. 「動画を視聴する」 をクリック、アイティメディアIDのパスワードを入力
  2. ユーザー情報確認画面で「送信」をクリック
  3. Think Online 2019 登録ページで登録情報を確認して「送信」をクリック

以上で登録は完了です。動画の閲覧が可能になります。

動画の見つけ方

  1. 「ビジネスソリューション」をクリック
  2. 身近な課題から始めるAIのビジネス活用」をクリック
画像 黄色枠のカテゴリを選択してください
画像 黄色枠の動画をクリックいただくと閲覧できます

動画を視聴する

提供:日本アイ・ビー・エム株式会社

提供:日本アイ・ビー・エム株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部