2019年09月02日 10時00分 公開
PR

マンガで読む、クラウド時代のAI搭載ストレージの秘密(2)「クラウド推進派と慎重派の戦いを仲裁できるストレージがある」は本当か

リスクや運用工数の増加などを考えるとクラウドの利用は手放しで受け入れられるわけではない。情報システム部門を二分するクラウド推進派と慎重派、両者の意見は果たして対立しているのだろうか。両者を仲裁する方法を探る。

[ITmedia]

 オンプレミスとクラウド、あるいは複数のクラウドを使い分けるときに、どこまで手間をかけなければならないだろうか。複数のクラウドを使い分ける際、元となるデータをどう扱えるだろうか。運用の手間やシステム見直しのリスク、性能面の課題を考えると、クラウド利用に慎重な意見が出ることもあるだろう。場合によっては情報システム部門の中が、クラウド推進派と慎重派に二分されてしまい、システム企画が進まない状況も考えられる。

 この問題を解消する際、カギとなるのはオンプレミスに置くストレージの特性だ。本稿では、ある「証言」を基に、ストレージを起点に両者を仲裁する仕組みを解説する。「データ君」と「データさん」が「どこでも扉」で結ばれる世界とは?

※本稿は日本アイ・ビー・エム制作のコンテンツをアイティメディアが編集し、掲載するものです。


※本稿は、キーマンズネットからの転載記事です。

提供:日本アイ・ビー・エム株式会社

提供:日本アイ・ビー・エム株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部