2019年09月18日 10時00分 公開
PR

パロアルトネットワークス株式会社提供ホワイトペーパー簡単に学べる、「クラウドセキュリティ&コンプライアンス」入門ガイド

拡大するビジネスニーズに対応するため、クラウドへの移行が進み、インフラの姿は大きく変化しつつある。しかし、セキュリティ対策は“従来のまま”という組織は多く、新たなインフラが十分に保護されていないという現実がある。

[TechTargetジャパン]

 デジタル技術の急速な進化は、世界中の組織にさまざまな変革をもたらした。特に顕著なのが、モバイルワーカーによるSaaSアプリケーション利用の活発化だ。また、多くの組織が、プライベートクラウドとパブリッククラウドのサービスを組み合わせて使用し、コスト削減、俊敏性・速度の向上といったメリットを享受するようにもなっている。

 こうして、クラウドはビジネスの効率性と拡張性を確保し、コストを削減するための手段となったが、一方でセキュリティ面の懸念も拡大している。インフラが新しい形となり、複雑化しているのに対し、セキュリティ体制は従来のまま、という組織が多いためだ。今、組織に求められるのは、自社のIT環境の変化にキャッチアップできる新たなセキュリティの仕組みといえるだろう。

 本コンテンツでは、クラウドセキュリティをテーマに、その進化の系譜から、複雑化したインフラを包括的かつオートメーションで保護するための考え方、将来を見据えて取り組むべきことなどのトピックを分かりやすくまとめている。巻末に用語集も掲載されているので、クラウドセキュリティへの理解を深める上でも活用してもらいたい。

個人情報取り扱いに関するご案内に同意されない場合、該当のコンテンツはこちらからご覧いただけます。

※コンテンツの閲覧には会員登録・ログインが必要です。

提供:パロアルトネットワークス株式会社

提供:パロアルトネットワークス株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部