2019年09月18日 10時00分 公開
PR

パロアルトネットワークス株式会社提供ホワイトペーパーSaaSアプリの安全性を確保、「CASB」でセキュリティ対策はどう変わる?

専門知識がなくても手軽に利用できるSaaSアプリケーション。その普及が進むにつれ、情報漏えいやマルウェアの拡散といったセキュリティの脅威が高まっている。SaaSアプリの安全運用に欠かせない「CASB」ソリューションを紹介する。

[TechTargetジャパン]

 SaaSをはじめとするクラウドアプリケーションを安全に運用するには、アプリケーションにアクセスする全てのデバイスに対する継続的なセキュリティが必要となる。特に近年では「シャドーIT」も大きな問題となっていることから、許可・無許可を問わずにアプリケーションを管理できる仕組みが不可欠だ。

 そこでクラウド時代のセキュリティ対策として注目されているのが、CASB(Cloud Access Security Broker)だ。その導入により、SaaSアプリケーションに保存されているデータの保護、アプリケーションの利用状況の可視化やアクセス制御、セキュリティポリシーへの準拠、マルウェアの検知・隔離などの効果が得られる。

 本資料では、SaaSアプリを安全に利用するための6つの要件を提示しながら、それらを満たすCASB製品を紹介している。従来型セキュリティに対するCASBの優位性も詳しく解説されているため、導入を検討している企業はぜひ参考としてもらいたい。

個人情報取り扱いに関するご案内に同意されない場合、該当のコンテンツはこちらからご覧いただけます。

※コンテンツの閲覧には会員登録・ログインが必要です。

提供:パロアルトネットワークス株式会社

提供:パロアルトネットワークス株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部