2019年09月09日 10時00分 公開
PR

デル株式会社提供ホワイトペーパーサーバを最新のものに更新する価値は本当にあるのか? 調査レポートを公開

サーバの更新サイクルを短縮することが、ビジネスおよび技術面でメリットをもたらすのかという点に関して、従業員100〜499名の企業のITインフラ導入の意思決定者を対象に調査した結果、明らかになったこととは?

[TechTargetジャパン]

 IT人材不足を課題とする多くの中堅企業では、ビジネスの成長を追い求めるなかで、ビジネスや顧客に関するデータを損なうことなく、差別化した製品やエクスペリエンスをより少人数で提供することが求められる。

 これには、めまぐるしく変化するアプリへの要求とその複雑さに対応できるITインフラが不可欠だ。インフラを更新し、IT運用のプロセスを自動化することで、企業はより安全かつ迅速で信頼性の高い基盤を通して、ビジネスイノベーションの推進に注力できる。

 Forrester社が2018年末に調査したサーバの更新サイクルへの影響を調査したレポートでは、中堅企業は製品の改良、CX改善、セキュリティ強化を最優先事項としつつも、旧式のサーバがその目標達成を妨げていることが判明した。一方、最新のサーバに投資した企業、特にITを中核として改革を進めた企業では、ビジネス、技術の両面で多くのメリットがもたらされたという。その詳細について、本レポートで解説する。

提供:EMCジャパン株式会社

提供:EMCジャパン株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部