2019年09月13日 10時00分 公開
PR

日本アイ・ビー・エム株式会社提供Webキャスト旅行のVR体験や遠隔操作の案内ロボ、JALの矢継ぎ早なイノベーションの原動力は

2018年に開設した「JALイノベーションラボ」は、旅行をVR技術で疑似体験できるシステムや、熟練案内スタッフの遠隔操作ロボットなど、さまざまなアイデアを形にしてきた。日本航空の取り組みから、イノベーション推進のヒントを探る。

[TechTargetジャパン]

 ヘッドマウントディスプレイや歩行器などを使った旅行型体験VRシステム「JAL xR Traveler」。現地ツアーなどの旅の体験を購入できる「体験自販機」。熟練案内スタッフの在宅ワークを可能にする遠隔操作のアバターロボット「JET」。これらは全て、2017年から動き出した日本航空(JAL)のデジタルイノベーション部門が生み出したものだ。

 彼らのイノベーションを支えているのが、イノベーションラボという拠点だ。本社から徒歩で5分の距離に、技術やアイデアをテストできる環境が用意されており、複雑な制限が課される飛行機内や空港などでテストする前に検証できる。また、社内外の人間が参加する形にすることで、技術やアイデアが自然と集まり、化学変化につながる環境を醸成しているという。

 本コンテンツでは、「地に足の着いたイノベーション」を創出するために同部門が取り組む「3つのアプローチ」を解説している。いずれもイノベーションを模索する企業にとって貴重なヒントとなるはずだ。

動画を視聴する

動画の視聴方法

みなさまがお持ちのアイティメディアID会員情報で「Think Online 2019──デジタル変革の道しるべ」のコンテンツをご覧いただけます。

Think Online 2019 登録 STEP:
  1. 「動画を視聴する」 をクリック、アイティメディアIDのパスワードを入力
  2. ユーザー情報確認画面で「送信」をクリック
  3. Think Online 2019 登録ページで登録情報を確認して「送信」をクリック

以上で登録は完了です。動画の閲覧が可能になります。

動画の見つけ方

  1. 「ビジネスソリューション」をクリック
  2. JALが取り組む「地に足の着いたイノベーション」を選択
画像 黄色枠のカテゴリを選択してください
画像 黄色枠の動画をクリックいただくと閲覧できます

動画を視聴する

提供:日本アイ・ビー・エム株式会社

提供:日本アイ・ビー・エム株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部