2019年09月26日 10時00分 公開
PR

クラウドのメリットを最大化するにはマルチクラウド時代の複雑性に対応するITインフラのカギは“オープン”にあり

ビジネスのスピードアップや効率化を目指す企業の間で、複数のクラウド(IaaS)を同時並行的に利用する“マルチクラウド”の状況は珍しくない。マルチクラウド化で気になるのは運用管理の問題だ。これにどう立ち向かうべきか。

[ITmedia]

 クラウドファースト時代といわれるようになって久しい。IaaS(Infrastructure as a Service)をはじめとするクラウドサービスを利用するケースはWebや業務系のシステムから基幹系システムまで広がっている。最近は用途に合わせて複数のクラウドサービスを使い分けるマルチクラウドを採用する動きも目立っている。一方で、オンプレミスに残るシステムも少なからず存在し、ハイブリッドクラウド、マルチクラウドが混在するカオスのような状況となっている。

 そこで課題となるのが運用管理の複雑性だ。ビジネスのスピードアップが要求され、IT部門に頼らず事業部門(LOB)主導でクラウドを活用する動きも珍しくなくなった今、この課題にどう立ち向かうべきか。識者は「オープンと企業カルチャーの変化が課題解決の鍵だ」と語る。その理由とは。

提供:日本アイ・ビー・エム株式会社

提供:日本アイ・ビー・エム株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部