2019年09月19日 10時00分 公開
PR

日本アイ・ビー・エム株式会社提供Webキャスト業務改善のために取り組みたい業務プロセスの可視化、挫折を招く3つの原因とは

きちんと定義され、組織全体に共有された業務プロセスは、新人教育や顧客体験設計など、さまざまな場面で効果を発揮する。この業務プロセスを組織の“手の内”でコントロールするには、どう取り組めばよいのだろうか。

[ITmedia]

 業務プロセスがきちんと定義されていれば、新人教育や法令対応、業務の改善、新規事業の計画など幅広い領域で業務がスムーズに進むものだ。だが、現実には、業務プロセスの「見える化」に挫折する企業は少なくない。

 その原因の1つは「コミュニケーション」だ。ブラックボックス化や属人化、ローカルルールの横行などが進んだことで、定義した業務プロセスと程遠い状況が生まれてしまう。加えて、Excelによる業務フロー管理をしているため全体像の把握が困難だったり、メンテナンスやバージョン管理がおろそかになったりといった「版管理」の問題、また役職によってバラバラになりがちな「粒度」の問題もある。

 これら3つの問題を解決しなければ、業務プロセスの可視化と維持は困難だ。本コンテンツでは、その解決策となるクラウドベースのプロセスモデリングツールを紹介する。遠隔地からの共同作業をサポートする機能も充実しており、合意に基づくプロセス定義も進めやすい。動画によるデモンストレーションで、その効果や操作感を確かめてほしい。

動画を視聴する

動画の視聴方法

みなさまがお持ちのアイティメディアID会員情報で「Think Online 2019──デジタル変革の道しるべ」のコンテンツをご覧いただけます。

Think Online 2019 登録 STEP:
  1. 「動画を視聴する」 をクリック、アイティメディアIDのパスワードを入力
  2. ユーザー情報確認画面で「送信」をクリック
  3. Think Online 2019 登録ページで登録情報を確認して「送信」をクリック

以上で登録は完了です。動画の閲覧が可能になります。

動画の見つけ方

  1. 「テクノロジー」をクリック
  2. 「テクノロジー さらにコンテンツを見る」をクリック
  3. もう挫折しない!業務プロセスの見える化と改善」をクリック
画像 黄色枠のカテゴリを選択してください
画像 黄色枠をクリックいただき「もう挫折しない!業務プロセスの見える化と改善」を選択してください

動画を視聴する

提供:日本アイ・ビー・エム株式会社

提供:日本アイ・ビー・エム株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部