2019年10月03日 10時00分 公開
PR

パロアルトネットワークス株式会社提供ホワイトペーパー「ゼロトラストは高価で難しい」は誤解? 導入を簡素化する5つのステップ

ゼロトラストネットワークが注目される一方、構成の複雑さやコストの高さといった理由から、導入に踏み切れない企業は少なくない。そうした懸念の真相を明らかにするとともに、ゼロトラストの導入を簡素化する5つのステップを解説する。

[ITmedia]

 ゼロトラストネットワークが次世代のセキュリティコンセプトとして認知された一方で、構成の複雑さやコストの高さ、既存環境を破壊するといった理由から、導入をためらう企業は少なくない。しかし、実際はそうした認識の多くが誤りであり、旧式の階層ネットワークよりも、はるかに簡単に構築できる。

 ゼロトラストの導入においてまず理解すべきことは、既存ネットワークの完全な置き換えは必要ない、という点だ。ゼロトラストは、特定の保護対象領域のために設計された各ネットワークを既存ネットワークと相互接続し強化するもので、そこから時間をかけて追加のデータセットやアプリケーション、サービスなどを移動する。これにより、高いコスト効率で、中断のない導入が可能になる。

 本資料では、ゼロトラストネットワークの展開を簡素化するための5つのステップについて、分かりやすく解説する。その中では、効果的なポリシー定義を行い、重要資産の保護プロセスを徹底するコツについても紹介されているので、ぜひ参考にしてほしい。

個人情報取り扱いに関するご案内に同意されない場合、該当のコンテンツはこちらからご覧いただけます。

※コンテンツの閲覧には会員登録・ログインが必要です。

提供:パロアルトネットワークス株式会社

提供:パロアルトネットワークス株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部