2019年10月18日 10時00分 公開
PR

「新たな石油」となるデータをどう管理するデータを守るだけでは生き残れない――データを価値に変えるストレージの新機軸

「新たな石油」と称されるデータをどう活用するのかという課題が企業を悩ませる。データは膨張しクラウドを含めあらゆる場所に散在する。これらを正しく保護・管理し、価値を引き出すための画期的な方法が生み出された。

[ITmedia]

 「データは新たな石油である」と形容されるように、データを活用して業務効率化や生産性向上を図ることはIT戦略の重要な一角を成す。多くの企業がデータ活用の取り組みに着手しているが、実際にはデータから価値を引き出すどころか、その保護や管理に手をこまねいている状況だ。

 企業が保有するデータは、テラバイトからペタバイトへ、ペタバイトからエクサバイトへと急増しており、プライベートな環境からパブリックな環境まで幅広く散在している。それらのデータを移動させたり、連携させたりすることも容易ではない。

 膨大で、かつ散在するデータをどのように管理し、保護すればよいのだろうか。どのような仕組みで保管すれば、価値を引き出せるのか。データ活用を成功させたい企業が整えるべき環境について、専門家が解説した。

提供:Dell Technologies(デル株式会社/EMCジャパン株式会社)

提供:Dell Technologies(デル株式会社/EMCジャパン株式会社)
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部