2019年11月01日 10時00分 公開
PR

Dell Technologiesデータ保護調査結果レポートユーザー調査から見たデータ保護の実態と解決へのアプローチ

グローバルおよび国内でのユーザー調査から見たデータ保護の実態とは。また、そのための解決策とは。第三者機関による調査結果によってその実力とともに紹介する。

[ITmedia]

 昨今、多くの組織においてデータがビジネスの原動力となっている。データを活用することにより、製品やサービス、ユーザーエクスペリエンスの向上や、また業務の効率化、自動化によって人手不足の解消なども期待できる。IoT(モノのインターネット)やAI(人工知能)は、それらを実現するための代表的な技術の一つだ。

 これらの技術はデジタル変革において成功を収めたい組織にとって不可欠となりつつある。しかし、データがなければ意味がない。これは、データが静的なデジタル資産から戦略的なビジネス資産へと変わりつつあることを意味する。データ保護に対して十分に投資していない組織は、今後のビジネスに後れを取るだろう。

 そこで、Dell Technologiesはグローバルおよび国内のユーザー企業を対象にデータ保護に関する調査を実施した。旧来型のデータ保護がデータロスなどのリスクを増大させる実態も見えてきた。本稿では調査結果および企業の課題に対処するためのソリューションについて紹介する。

※本稿はDell EMCから寄稿された原稿を再構成したものです。

提供:デル株式会社

提供:デル株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部