2019年11月01日 10時00分 公開
PR

「利益を生まない」では意味がないたったそれだけ? 働き方改革にありがちなお悩みを即座に解決する秘策

「働き方改革関連法」が施行され、多くの企業は対応に迫られている。ITを活用した生産性向上は、働き方改革の実現を目指す重要な取り組みの一つだ。利用者に負担を掛けないPC運用管理の方法とその効果に関し、専門家に話を聞いた。

[TechTargetジャパン]

 一口に働き方改革と言っても、企業や組織がそれを実現するには、「業務環境」や「業務プロセス」「勤怠管理」など、見直しを必要とする要素が多岐にわたる。何より、働き方改革の取り組みを定着させるためには、経営層から一般社員に至る組織全体の意識改革も必須だ。

 その中でITの活用は、業務の効率化や生産性の向上といったさまざまな側面で欠かせない。半面、ITは使い方や管理方法を誤ると、運用業務の負荷やセキュリティリスクを増大させ、働き方改革の妨げにもなり得る存在だ。

 ITを活用した働き方改革を適切かつ安定的に維持するための運用管理が必要だ。企業や組織において、その役割を担う情報システム部門に、今求められているものとは一体何か。専門家に話を聞いた。

提供:株式会社JALインフォテック

提供:株式会社JALインフォテック
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部