2019年11月14日 10時00分 公開
PR

バックアップにまつわる課題を一手に解決バックアップからBCPまでこれで解決、最新クラウドバックアップサービスの実力

クラウドバックアップには、従量課金による転送コストの増加やインターネット回線の障害など考慮すべき課題も多い。ネットワールドのセミナーで、こうしたクラウド特有の課題に対応した最新のバックアップサービスの実力に迫った。

[ITmedia]

 中堅・中小企業にとってシステムやデータのバックアップは、必要性を痛感しながらも現実には対応しにくい分野の一つだ。自然災害が頻発し、サイバー攻撃が激化する中、遠隔地へのバックアップのニーズは高まっている。

 しかし、バックアップ環境を構築、運用する手間やそれにかかるコストは大きな負担としてのしかかる。クラウドを活用することで環境構築の手間は軽減できる。だがクラウドは従量課金が基本であるため、データ転送量が増えればもちろんコストも増加する。また、インターネット回線を利用するため回線の品質やセキュリティの確保が課題になりやすい。

 ネットワールドは、2019年10月11日に開催したセミナーでこうした課題を解決する手段を紹介した。本稿では、講演を振り返りながら最新クラウドバックアップの実力を探っていこう。

提供:株式会社ネットワールド、arcserve Japan合同会社

提供:株式会社ネットワールド、arcserve Japan合同会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部