2019年12月19日 10時00分 公開
PR

今求められるデータ保護の在り方とは、専門家が過去・現在・未来を見据えて解説データ保護の進む未来

データの増大やデータ保護におけるクラウド活用、データ管理の効率化といった課題が企業を悩ませる。専門家が、過去から現在、未来を通じてデータ保護のニーズを俯瞰し、これからのデータ保護の在り方を明らかにした。

[ITmedia]

 企業において、データ分析によって将来を判断するニーズが高まり、データの保護と管理の重要性も以前と比べものにならないほどに増した。しかし、データを取り巻く環境は日々変化していることから、ベストなデータ保護を実践できていると断言する企業は多くないだろう。

 データの保護を考えるとき、どのようなアプローチやアーキテクチャが求められているのだろうか。Dell EMCが2018年に実施した調査結果からは、クラウドをデータ保護の一部として活用する企業が増えていることが分かった。またバックアップの領域では、簡便性やシンプルさを求める声が高まっているという。

 データ保護はコストや復旧の確実性だけでなく、次々と登場する新しい技術に対応できる柔軟性や運用性を考慮しなければならない――。一体どうすればその要件を満たせるのか。

 Dell Technologiesが2019年10月23日に開催した「Dell Technologies Forum 2019 - Tokyo」における「グローバルリーダーのDell Technologiesが解説するデータ保護の『今』と『将来』」から、企業が本当に必要とするデータ保護のカタチとその具体的な手法を紹介しよう。


提供:Dell Technologies(デル株式会社/EMCジャパン株式会社)
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部