2020年01月14日 10時00分 公開
PR

基盤自動化とコンテナが描くマルチクラウドの世界観レガシーとデジタルが共存する時代のハイブリッドクラウドアーキテクチャとは

デジタル変革の号令の下、企業ITのクラウドネイティブ化が進む。クラウドネイティブ化「しない」システムとの併存や全体の運用効率化はどう設計すべきだろうか。企業ITならではの問題の解決策を聞いた。

[ITmedia]

 既存ITシステムのクラウドへの移植や運用基盤の現代化による俊敏性の確保は、企業におけるデジタル変革施策の「作戦」の一つだ。同時に各種クラウドサービスが充実する中、最適な組み合わせでハイブリッドなアーキテクチャを実現することも重要だ。このような背景の下、アプリケーションの可搬性と可用性、柔軟性の観点から、基盤領域の自動化や既存アプリケーションのコンテナ基盤への移植に注目が集まる。

 社内の重要システムを混乱なく移植し、安全に運用を継続するにはどのような計画を立て、どの基盤でどう運用するのが最適か。特にクラウド化できないシステムを温存する場合、新旧のシステムが共存する運用環境を安全に構築するにはどういう方法があるだろうか。

提供:レッドハット株式会社

提供:レッドハット株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部