2020年01月14日 10時00分 公開
PR

減らない患者と医療データ、オンプレバックアップが破綻する前に考えたい次善策待ったなしの医療機関のバックアップ問題

電子カルテにMRI、X線画像データなど、医療機関で扱うデータのほとんどは機密情報。日本の医療費は年々増加しているといわれている今、医療機関が扱うデータは減ることはない。

[ITmedia]

 厚生労働省が2019年9月26日に発表した「平成30年度 医療費の動向」によると、2018年の日本の医療費は42.6兆円で、2年連続で過去最高額だという。しかし膨れ上がるのは医療費だけではない。医療機関が保管する患者の医療データも増え続ける一方だ。医療機関は、今後減ることはない医療データと大切な患者の個人情報をどう守り、バックアップは何を考えるべきだろうか。


提供:arcserve Japan合同会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部