2019年12月27日 10時00分 公開
PR

“PCを自社で持たない”という選択肢がセキュリティと運用管理を強化できる理由情報漏えいリスクを抜本的に減らす

PC管理は何かと面倒な業務だ。煩雑な業務を減らし、セキュリティや管理体制を強化する手段として、PCを「自社で持たない」管理方法がある。それはどのような方法なのか。

[ITmedia]

 企業でのITの活用範囲は拡大する一方だ。そうした中、“古くて新しい”課題に改めて直面するIT担当者が増えつつある。それが、セキュリティ対策を中心としたPC管理の煩雑さだ。

 サイバー攻撃の手段が巧妙化を続け、新たな脅威が相次いで登場する中、企業にはセキュリティ対策の徹底がより強く求められるようになった。一方でPCを社外に持ち出して業務をする人も珍しくなくなり、保護すべき業務用PCの対象が広がっている。加えて、PCの運用保守も従来通り実施しなくてはならない。その結果、IT担当者に課せられる管理業務の負荷が「頻度」と「量」の相乗効果で急増し、これまでのやり方では作業が追い付かなくなりつつある。

 この状況を大きく改善する新たなアプローチがある。それは果たしてどのようなものか。


提供:東日本電信電話株式会社、横河レンタ・リース株式会社、インテル株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部