2020年02月03日 10時00分 公開
PR

他社に先行しても「損をしないEDI移行」は実現可能か対策のデッドラインは2020年

業務システムのクラウド移行やIoT、AIが注目を集め、デジタル変革が叫ばれる中、商取引の根幹を担うEDI(電子データ交換)にも刷新の期限が迫る。計画着手のデッドラインは2020年とされる。現段階で最小のリスクで移行する先はどこか。

[ITmedia]

 EDIの“2024年問題”が目前に迫る。固定電話網のIP網移行に関連して、一般にISDNとして知られる通信サービスも2024年に終了する。この影響が非常に大きいのがISDN回線を前提としたEDIだ。補完策が用意されてはいるものの、現在と同じ性能は期待できない。受発注の手続きが滞れば大きな経営リスクにつながるため、早急な対策が必要だ。

 とはいえ取引先との調整が困難なことに加え、現段階では業界ごとにさまざまな仕様が提案されている状況であることから、最適な選択肢を見極める時間が欲しいと考える向きもある。だが様子見を決め込んでいると、直前のタイミングでは技術者不足でシステム移行が間に合わなくなるリスクがある。まだ不確定な要素が多い現段階でどう動けば最も効率良くEDIの移行問題に対処できるだろうか。


提供:株式会社日立製作所
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部