2020年01月30日 10時00分 公開
PR

金融業界のデータ損失リスクを低減させるには「基盤をクラウド化してコスト増大」を招かないためのシンプルな解決法とは?

システム基盤をクラウドに移行すれば安全で、これまでの運用問題の多くを解決できるというのは妄想にすぎない。クラウドに移行しても思わぬ落とし穴があるのだ。

[ITmedia]

 金融業界でもシステム基盤にクラウドを選択する動きがある。「IT資産を削減して俊敏なIT基盤を得ることができる」「運用工数を削減できる」といったメリットが期待できるからだ。システム基盤だけでなく、バックアップサイトもクラウドへの移行を検討する組織が増えている。だがそう何でも簡単に解決できるものではない。ネットワーク設計やデータ保護プロセスの整備、環境構築など、かえって新たなコストがかかることもある。場合によってはオンプレミスとそう変わらないといったこともあり得る。「そんなはずじゃなかった」と後悔しないためには何を考えるべきか。


提供:arcserve Japan合同会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部