2020年02月05日 10時00分 公開
PR

「データは重要」なのに統合が進まない理由 解決策は?DX推進のためのデータ統合と活用方法

データ統合と活用の仕組みを構築するフェーズで止まってしまう企業は数知れない。「データを使わせてくれ」「使わせない」の押し問答を続ける代わりに、社内のさまざまな立場の人々が検討すべき「コロンブスの卵」的な解決策とは。

[TechTargetジャパン]

 日本企業は、デジタルトランスフォーメーション(DX)への意欲が欠けているわけではない。自社の製品や顧客を多面的に理解し、より良い製品/サービスを提供するために、社内にサイロのように散在しているデータを統合し、分析して活用すべく積極的に動いている人はたくさんいる。だが、データの統合と活用の仕組みを構築しようとしたところで止まってしまっている例は数知れない。

 その理由は主に2つある。1つ目はデータを本当の意味で統合的に活用できるようにしてくれるデータプラットフォームが見つかりにくいこと。2つ目はセキュリティ、可用性、ガバナンスへの懸念が大きいことだ。最適な方法でデータを統合してDXを進めるにはどうすればいいのか。具体的な解決策を説明しよう。


提供:マークロジック株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部