2020年02月26日 10時00分 公開
PR

業務フローを大幅に効率化人頼みの経理業務に終止符を 経理部門の働き方改革を支えるサービスとは

毎月、締め日が迫るとやってくる紙の請求書の山――現場や取引先を知り尽くした“スーパー経理”がいなければ回らない現場は多い。働き方改革が進む一方、労力だけでなく時間もむしり取る経理の現状を今すぐに変えるサービスとは。

[TechTargetジャパン]

 昨今企業が抱える労働力不足の問題。その解決策の一つとして、働き方改革に取り組む企業は多いだろう。残業削減やリモートワークへの対応が増える一方、働き方改革が難しい部門もある。その1つが経理部門ではないだろうか。

 経理部門の業務は月末、月初に集中しがちで、その時期に残業している担当者は少なくない。請求書などの紙の書類を扱うことが多いと、テレワークがしたくても、会社でないと仕事ができないという悩みもある。

 また、中小企業の中には、社内の業務フローや取引先のことを熟知した、“スーパー経理”に頼っている企業も多い。人手不足や働き方改革があちこちで叫ばれる昨今、企業が“人の頑張り”をあてにできた時代は終わりを迎えようとしている。今後、企業は経理部門の働き方をどう変えていけばいいのか。現時点の課題からヒントを探っていこう。


提供:株式会社リコー
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部