2020年03月04日 10時00分 公開
PR

レガシーが抱え込む「ベテランしか知らないロジック」解消の最適解はあるか脱レガシーできない企業のために

デジタル変革やデータドリブン、クラウドネイティブなど、企業ITのトレンドは大きく変化しつつある。だが目の前にある「捨てられないレガシーシステム」の呪縛から脱出できず身動きが取れない企業はどうすればよいか。

[ITmedia]

 「2025年の崖」からの転落を警告される中、レガシーシステムが重過ぎて身動きが取れず、アジリティを高められない企業はどうすればよいか。捨てられないレガシーが残る場合、どのようにして身動きが取れる環境を手に入れればよいか。

 身軽になるには、ブラックボックス化しやすいレガシーシステムにかける工数をどこまで小さくできるかがポイントだ。お守りにかかるコストや工数を削減しながら、開発体制そのものをシンプルに変える際に活用できるとして改めて注目を集める技術がある。


提供:レッドハット株式会社、株式会社オージス総研
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部