2020年03月06日 10時00分 公開
PR

必要な作業を一画面で共有チャットの“通知”が多過ぎる――自分の仕事に集中したい従業員への解決策とは

人手不足の今、従業員同士のスムーズなコラボレーションが働き方改革の鍵といわれる。だが、いくらチャットやファイル共有ツールを活用しても、逆に情報量や通知が多過ぎて「混乱」してしまったことはないだろうか。

[TechTargetジャパン]

 現代の企業に求められているのは、従業員の働き方をより良くし、生産性を向上させることだ。そのためには、職場のコミュニケーションだけでなく業務やプロジェクトの遂行をスピードアップさせる“次世代のツール”が欠かせない。

 最近は、生産性を向上させるツールとしてチャットが注目されている。確かに、チャットは電話やメールと比べてスピーディーなコミュニケーションを実現できるが、業務やプロジェクトの推進力として力不足な点は否めない。「アラートが多過ぎて従業員が対応に追われ、生産性が低下した」という実例があるためだ。

 本当に企業が実現すべきはツールの導入ではなく“コラボレーション”の推進だ。従業員同士のコミュニケーションを加速するだけでなく、個人の仕事に集中したいとき、同僚と議論したいとき、チームで一丸となって動きたいときなどに、それらを強力にサポートしてほしい――そんなニーズに応える次世代型のソリューションが現れた。


提供:株式会社サテライトオフィス、株式会社ライオニス(Collabee日本総代理店)
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部