2020年03月17日 10時00分 公開
PR

事例で分かるバックアップの工数、コスト削減術3日かかるバックアップが7分に? 担当者が目を疑うほどの結果をなぜ出せたか

いざというときに備えて取るデータバックアップ。常にIT担当者に付きまとうのは「ちゃんとバックアップが完了しているか」「途中で止まっていないか」といった不確実性だ。

[ITmedia]

 出社してもまだバックアップが終わっていない、途中でバックアップが止まっていた――こうした嘆きの声はIT部門でよく聞かれる。思い切ってバックアップシステムの更改に踏み切っても、「コストだけがかかって結局何も変わらなかった」「組織にマッチしなかった」「前よりも作業が複雑になった」といったケースが起こる可能性も十分に考えられる。こうした懸念があり、バックアップが“積年の課題”となっている組織もあるだろう。かといって、問題を放置していてはIT担当者の不満と事業の持続性に対する不安が増すばかりだ。

 本稿では、同じような悩みを抱える企業に向けて、バックアップ運用を「簡単」「シンプル」に変える方法を提示するとともに、バックアップ効率が劇的に変わったことで、運用に潜む“見えないコスト”やバックアップにかかるトータルコストの削減に成功し、働き方を大きく変革できた企業事例を紹介する。3日かかっていたバックアップを7分で終えられるようになったというが、にわかに信じ難い。いったい何をどう変えたのか。


提供:Dell Technologies(デル株式会社/EMCジャパン株式会社)
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部