2020年03月31日 10時00分 公開
PR

マルチクラウド時代、分散する企業データを適切に管理、活用する方法とは“今”使いたいそのデータ、どこにあるか把握できていますか?

膨大なデータを十分に管理、活用できているだろうか。資産であるデータが分散し、どこに保持されているのか分からなくなってはいないだろうか。データを最大限活用するためには、より賢明な管理が重要となる。

[TechTargetジャパン]

 デジタル時代、ITシステムに蓄積されたデータは企業にとっての資産であり、その活用需要は急速に増加している。企業は、増大し続けるデータの保護とバックアップ、有事での迅速かつ確実な復旧が求められている。その上でビジネスアジリティーを向上させるためには、柔軟なデータ活用体制が必要だ。

 今やデータはプライベート/パブリッククラウドやSaaSなどあらゆる環境に分散して保持されている。適切な管理がなされていなければ、「必要なデータがどこにあるのか分からない」「必要なデータだけを取り出すことができない」というデータ活用の課題が起き、「必要に応じて損失なくデータ移行させたい」という要望にも応えられない。

 マルチクラウド活用が当たり前となった今、どうすればデータの管理と活用を最適化できるのだろうか。


提供:Veeam Software Japan 株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部