2020年03月31日 10時00分 公開
PR

テレワークで分かったオンプレミスゲートウェイの限界、負荷増にどう対応?クラウド時代のセキュリティ

クラウドとモバイルを駆使したテレワーク環境が徐々に広がっているが、そこで最大の課題となっているのがセキュリティ対策だ。従来の境界型セキュリティには限界が見え始めている。

[TechTargetジャパン]

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策の一環として、テレワークを急きょ導入する動きが広がっている。働き方改革関連法の施行を背景に、モバイルやクラウドサービスを駆使して場所やデバイスを問わずに業務を進める動きが広がり始めていたが、今回の感染症流行はより一層この動きを加速させていると言える。

 テレワーク実践に当たって解決すべき課題は多々あるが、中でもIT担当者の頭を悩ませているのが「セキュリティ対策」だろう。持ち出したPCがマルウェアに感染したり、クラウドサービスから業務に関する情報が漏えいしたりするようなことが起きれば、社会的に糾弾される恐れもある。

 問題は、企業の内側と外側をゲートウェイで分けて脅威の侵入を防ぐ、従来型のセキュリティが通用しないことだ。ノートPCからインターネットを経由してダイレクトにクラウドサービスにアクセスされると、これまでのセキュリティ対策はバイパスされてしまう。クラウドサービスとモバイルが当たり前となった現代の環境に適したセキュリティが求められているのだ。


提供:SB C&S株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部