2020年04月14日 10時00分 公開
PR

「急なテレワーク導入」でも悩まない、セキュアなVDIを手軽に構築する方法迅速な環境整備で在宅勤務を実現

感染症対策をきっかけに、テレワークの導入が企業の課題として急浮上している。セキュリティ面を考慮しVDI(仮想デスクトップ基盤)の構築を検討するものの、予算や人員不足で導入が現実的ではない企業はどうすればよいのか。

[ITmedia]

 「テレワーク環境の整備」が喫緊の課題として持ち上がっている。テレワーク自体はもともと働き方改革推進のために企業の間で広まりつつあったが、近頃は感染症対策として在宅勤務の体制を整えなければならなくなった企業が相次いでいる。

 既にテレワーク環境を整備し終えている企業は、比較的スムーズに自宅で業務を遂行する体制に移行できるだろう。だが環境整備が思うように進んでいなかった企業は、例えばこれまで原則禁止していたノートPCの持ち出しをやむなく暫定的に許可するなど、対処に苦慮している。従業員が自宅で業務できるルールは用意したものの、ノートPCの持ち出しに伴う紛失・盗難による情報漏えいのリスクが残ったまま、という企業は少なくない。

 こうしたリスクを排除するには、デスクトップ環境をサーバで稼働させ、端末にはデータを一切残さないVDI(仮想デスクトップ基盤)が有効だ。しかしVDIの導入にはコストと時間がかかる上、導入後もシステムを運用するために高度なスキルを要する。十分な予算やスキルを有していない中堅・中小企業や、短期間で在宅勤務環境を構築する必要に迫られている企業の中には、ハードルが高いと感じているところもあるだろう。セキュリティリスクを承知の上でノートPCの持ち出しを許可する以外に取るべき方法はないのだろうか。


提供:デル株式会社、アセンテック株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部