2020年04月24日 10時00分 公開
PR

災害に強いデータベースを構築、可用性と耐障害性を確保する秘訣オンプレミスとクラウドで一貫した管理を

データベースやアプリケーションの計画外停止は、数億円規模の損失を生み出すことがある。被害を最小限にするには、システムの復旧にかかる時間を短くすることが必要だ。災害に強いデータベースを構築する具体的な方法について解説する。

[ITmedia]

 災害で計画外のデータベース(DB)停止が起きた場合の損失額は小さくない。この損失は、復旧にかかる時間が長くなるほど大きくなる傾向にある。事業継続の観点から、データセンターで停電が発生してから復旧するまでの時間と、復旧するまでのデータ損失量を最小限に抑えることが重要だ。

 オンプレミスだけでなく、パブリッククラウドで稼働させるDBやアプリケーションにも災害対策が必要となる。自社の全てのシステムに、一貫した災害対策を実現するにはどうすればいいのか。災害によるDBやアプリケーションのダウンタイムとデータの消失を最小限に抑えつつ、一貫した管理を実現する具体的な方法について、DBの専門家が語る。

※本稿は、@ITからの転載記事です。


提供:日本オラクル株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部