2020年04月27日 10時00分 公開
PR

「HCI」がVDIのパフォーマンスとコスト両方にメリットをもたらす理由Dell Technologies(デル株式会社/EMCジャパン株式会社)提供eBook

仮想デスクトップインフラ(VDI)によってテレワーク環境を整備しようと考える企業にとって、有力な選択肢となるのがハイパーコンバージドインフラ(HCI)だ。HCIでVDIを構築すると得られるメリットと、享受するためのポイントとは何か。

[ITmedia]

 テレワークが感染症対策や働き方改革推進として脚光を浴びている。そのための環境を構築する手段の一つが仮想デスクトップインフラ(VDI)だ。

 VDI導入においてハードウェアの整備は重要な要素になる。安定した仮想デスクトップを提供するためのパフォーマンス確保、エンドユーザー数に応じた規模の拡張・縮小といった要素に直接関わるためだ。どのようなシステム構成にすれば管理の手間が省け、運用コストを抑えられるのかという点もIT管理者が考慮すべきポイントだろう。

 そのような課題の中で、「ハイパーコンバージドインフラ」(HCI)がVDI構築・運用における有力な選択肢として浮上する。HCIはVDIにどのようなメリットをもたらすのか。本資料はそうしたメリットとそれを生かす方法を、パフォーマンスとコスト両方の側面から解説する。