2020年05月11日 10時00分 公開
PR

運用の可視化と管理作業の効率化を実現する方法HCIの日々の運用管理、将来分析を楽にしたい

企業のITインフラは、ビジネスニーズや技術の進歩に合わせてその姿を刻々と変えてきた。そして今、仮想化技術の発展を背景に注目を集めているのがHCIだ。そのメリットを最大限に得るためには、選定や運用をどう進めればよいのか。

[TechTargetジャパン]

 企業のITインフラは、ビジネスニーズや技術の進歩に合わせてその姿を刻々と変えてきた。とりわけ、ハードウェアの物理的な境界を越えてコンピューティングリソースを統合的に管理し、無駄なく活用できるようになった仮想化技術の進化が、ITインフラのアーキテクチャに与えたインパクトは大きい。

 この背景の下で登場したのが「ハイパーコンバージドインフラストラクチャ(HCI)」と呼ばれる新たな仮想化基盤だ。HCIはストレージ、サーバ、ネットワーク、仮想化プラットフォームといったシステムインフラの構成要素をパッケージ化しており、コンピューティングリソースの容易かつ迅速な導入展開を実現する。HCIを追加導入することでリソースを迅速かつ容易に拡張できるといった点も、メリットの一つだ。

 一方、HCIの導入でユーザーが運用にまつわる手間から完全に解放されたのかといえば、それはまた別の話だ。システムを構成する個々のハードウェアやソフトウェアをユーザーが個別に管理しなければならなかった時代と比較すれば、HCIはより効率的な運用に置き換わっている。しかし、仮想化基盤ならではの新たな運用ノウハウや日々の作業を効率化するための仕組み作り、いわば「HCI時代の新たな運用のこつ」をユーザーが意識する必要がある。


提供:Dell Technologies(デル株式会社/EMCジャパン株式会社)
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部