2020年05月18日 10時00分 公開
PR

非定型の書類までデジタル化、「RPA×コグニティブOCR」がもたらす新たな可能性日本アイ・ビー・エム株式会社提供Webキャスト

ITによる自動化が模索されている中で、RPAは一早く導入されてきた。しかし、その利用が拡大する一方で、紙のデジタル化がボトルネックとなっているケースも見られる。従来のOCRでは読み込みが困難な非定型帳票に、どう対応すればよいのか。

[ITmedia]

 年間60万人が減少し続けると見込まれる国内の労働力人口問題。その対策として注目される手段の1つが、人間の能力をITで補完するデジタルレイバーだ。そのうち、“手”の役割を担うRPAは、その利用が拡大する一方で、紙からのデータ入力負荷が顕著になりつつある。従来のOCRでは読み取れない非定型帳票でもデジタル化できる手段が求められている。

 例えば、自社ではなく取引先から送付される請求書は、レイアウトやデータ項目名が自社と異なるケースが多い。また、社内で保管する紙の図面・検査表などを分析・有効活用したいというニーズもある。それらの実現のカギとなるのが、コグニティブ技術を活用した新たなOCRだ。

 すでに導入した国内金融機関では、印字に加えて手書きも含む非定型の書類までをデジタル化。さらにマルチベンダーのOCR製品と連携できるプラットフォームを選ぶことで、デジタル化の精度向上も実現したという。本コンテンツでは、こうした事例を交え、コグニティブOCRプラットフォームがもたらす多様な可能性を、動画で紹介する。

動画を視聴する

動画の視聴方法

みなさまがお持ちのアイティメディアID会員情報で「IBM X-Online Digtal Event Portal」のコンテンツをご覧いただけます。

IBM X-Online Digtal Event Portal 登録 STEP:
  1. 「動画を視聴する」 をクリック、アイティメディアIDのパスワードを入力
  2. ユーザー情報確認画面で「送信」をクリック
  3. IBM X-Online Digtal Event Portal 登録ページで登録情報を確認して「送信」をクリック

以上で登録は完了です。動画の閲覧が可能になります。

動画の見つけ方

  1. 「業務プロセスの変革」をクリック
  2. 「I013 IBMコグニティブOCRソリューション −事例に見る非定型文書のデジタル化による生産性向上パターン」をクリック
画像 黄色枠のオンデマンド Webセミナーを選択してください
画像 黄色枠の動画をクリックいただくと動画を閲覧できます

動画を視聴する