2020年05月19日 10時00分 公開
PR

変わり始めたBCPの常識、ビジネス機会の損失を最小化するシステム復旧手法とは日本アイ・ビー・エム株式会社提供Webキャスト

ITにおいてレジリエンス(回復力)という単語を耳にする機会が多くなった。ITがビジネスと直結する今、災害でもサイバー攻撃でも早期に復旧できる計画・体制づくりが欠かせない。このレジリエンシー対策にどう取り組めばよいのだろうか。

[ITmedia]

 今やシステムの停止が、ビジネスの中断を意味する時代になった。その原因となる災害やサイバー攻撃への備えとなる早期復旧は、経営上の課題だ。そこで多くの企業が復旧計画に取り組んでいるものの、実際には「サーバ数が多いため、確実に切り替えできるか不安がある」「復旧作業が属人化している」「復旧手順書は作成したもののアップデートできていない」などの課題が多いようだ。

 これらを抜本的に解決する手段が「復旧の自動化」だ。そのためのツールは幾つかあるが、中でも、全体はもちろん業務単位でも本番環境と復旧環境の状況を可視化するダッシュボード機能、多様な環境を自動化できるワークフロー機能、さらには本番環境に影響なく復旧手順をシミュレーションできるドライラン機能などを備えたものを選びたい。

 本コンテンツで紹介している復旧自動化ツールは、これらの要件に加え、サイバー攻撃による設定変更を検知し、元の構成情報に戻すといった機能も備えている。システム環境が物理、仮想、クラウドと多様化する中でも欠かせない復旧を確実に遂行するために、参考にしてもらいたい。

アイティメディアIDをお持ちの方で、IBM X-Online Digtal Event Portalにご登録いただいた方の中から抽選で3名さまに「iPhone 12 mini」が当たるキャンペーンを実施中です。
※プレゼント抽選締切:2020年12月25日(金)まで
※スペック・カラーは選べません

動画を視聴する

動画の視聴方法

みなさまがお持ちのアイティメディアID会員情報で「IBM X-Online Digtal Event Portal」のコンテンツをご覧いただけます。

IBM X-Online Digtal Event Portal 登録 STEP:
  1. 「動画を視聴する」 をクリック、アイティメディアIDのパスワードを入力
  2. ユーザー情報確認画面で「送信」をクリック
  3. IBM X-Online Digtal Event Portal 登録ページで登録情報を確認して「送信」をクリック

以上で登録は完了です。動画の閲覧が可能になります。

動画の見つけ方

  1. 「ITの最適化とスマートな運用管理」をクリック
  2. 「C005 ビジネスを止めるな!BCPも「もしも」から「いつも」へ」をクリック
画像 黄色枠のオンデマンド Webセミナーを選択してください
画像 黄色枠の動画をクリックいただくと動画を閲覧できます

動画を視聴する