2020年05月25日 10時00分 公開
PR

5G時代に必須なエッジコンピューティングは、業務/ユーザー体験をどう変える?日本アイ・ビー・エム株式会社提供Webキャスト

IoTや5Gといった最新技術は、ビッグデータに基づくインサイトの創出に寄与する一方、データ量の際限のない膨張も招いている。そこでニーズが高まっているのが、適切かつリアルタイムなデータ処理を可能にするエッジコンピューティングだ。

[ITmedia]

 IoTやAI、5Gネットワークといった最新技術の浸透は、ビッグデータに基づくインサイトの創出に大きく貢献している。その一方で、際限なく膨らみ続けるデータを持て余しているケースも散見される。実際に、正しく理解され適切に処理されるデータ量は、全体の1%にすぎず、有意義な行動に結び付かない産業機器のデータの割合は、97%にも及ぶという調査結果もある。

 こうした背景から注目されているのが、データ生成場所のより近くに業務アプリケーションを配置し、適切かつリアルタイムなデータ処理を可能にする「エッジコンピューティング」だ。クラウドから“超分散”へとコンピューティングの流れが移行する今、リアルタイムの成果やレジリエンシー(回復力)、セキュリティを実現するエッジコンピューティングには、業界を問わずさまざまなメリットが期待されている。

 本Webキャストでは、エッジコンピューティングの利用例や効果、ユースケース、実用的なアプリケーションなどについて、詳しく解説している。あわせて、エッジコンピューティング環境の構築に寄与するソリューションとそのアーキテクチャについても紹介されているので、ぜひ参考にしてほしい。

動画を視聴する

動画の視聴方法

みなさまがお持ちのアイティメディアID会員情報で「IBM X-Online Digtal Event Portal」のコンテンツをご覧いただけます。

IBM X-Online Digtal Event Portal 登録 STEP:
  1. 「動画を視聴する」 をクリック、アイティメディアIDのパスワードを入力
  2. ユーザー情報確認画面で「送信」をクリック
  3. IBM X-Online Digtal Event Portal 登録ページで登録情報を確認して「送信」をクリック

以上で登録は完了です。動画の閲覧が可能になります。

動画の見つけ方

  1. 「AI、IoTを活用した強固な事業構築」をクリック
  2. 「H001 5G時代のエッジ・コンピューティング - アプリの配信、ライフサイクル管理によるイノベーションの実現 -」をクリック
画像 黄色枠のオンデマンド Webセミナーを選択してください
画像 黄色枠の動画をクリックいただくと動画を閲覧できます

動画を視聴する