2020年05月25日 10時00分 公開
PR

働き方改革でも注目される「RPA」、導入で失敗しないためのポイントとは?日本アイ・ビー・エム株式会社提供Webキャスト

労働力人口の減少や働き方改革の推進といった背景もあり、近年多くの企業が活用しているRPA。その導入を成功させるために押さえたいポイントを事例やユースケースを交えて解説する。

[ITmedia]

 少子高齢化が進み、労働力人口の減少が深刻な問題となる中、人材確保のための手段として、働き方改革が全国的に推進される昨今。その具体策の1つとして注目されるのが、RPA(Robotic Process Automation)だ。システム導入コストの抑制が可能で、業務部門主導で容易に進めることもできるため、多くの企業で普及しつつある。

  ただ、RPAを導入し業務効率化に取り組んでいるものの、その効果はまだ一部であるといえる。今後、企業全体にスケールさせ、全体最適化するためにはさまざまな課題を乗り越える必要がある。

  本Webキャストでは、RPA導入のポイントを解説するとともに、RPAと、OCRやワークフローと組み合わせにより、業務全体の自動化を実現する事例を紹介する。銀行、保険、不動産、通信などの事例とともに、RPA導入前に検討すべきポイントを解説しているので、ぜひ参考にしてほしい。

動画を視聴する

動画の視聴方法

みなさまがお持ちのアイティメディアID会員情報で「IBM X-Online Digtal Event Portal」のコンテンツをご覧いただけます。

IBM X-Online Digtal Event Portal 登録 STEP:
  1. 「動画を視聴する」 をクリック、アイティメディアIDのパスワードを入力
  2. ユーザー情報確認画面で「送信」をクリック
  3. IBM X-Online Digtal Event Portal 登録ページで登録情報を確認して「送信」をクリック

以上で登録は完了です。動画の閲覧が可能になります。

動画の見つけ方

  1. 「業務プロセスの変革」をクリック
  2. 「I010 反復作業を高速自動化!新しくなったRPAでよりボットの構築が簡単に −OCRやワークフローと連携可能なIBM RPAとは」をクリック
画像 黄色枠のオンデマンド Webセミナーを選択してください
画像 黄色枠の動画をクリックいただくと動画を閲覧できます

動画を視聴する