2020年06月19日 10時00分 公開
PR

テレワーク環境や拠点ネットワークをSaaS型ファイアウォールで一元管理する方法一貫したセキュリティポリシーを手軽に適用

安定したクラウドサービスの利用やテレワーク環境の運用には、ネットワークが重要になる。だが通信容量の確保に加え、セキュリティ対策も施したネットワークの運用管理を従来手法で実現するには限界がある。どうすればよいのか。

[ITmedia]

 2020年、企業は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の世界的な流行の対策に追われている。中でもテレワークによる在宅勤務は、感染の機会を減らすための施策として注目されている。しかし、全社的なテレワークを即座に実施できる企業ばかりではない。技術や運用の課題が山積みで実施したくてもできないという企業もあるだろう。

 長引くテレワークに際し、生産性を低下させないためにオフィスと同等の業務環境を整えることはエンドユーザーにとって重要だ。一方IT管理者は、Web会議ツールなど新しいアプリケーションを導入しつつ、運用負荷を肥大化させることなく利便性や安全性を保つ必要がある。

 セキュリティは、利便性と安全性を両立させたテレワーク環境には欠かせない。しかし業務システムにリモートアクセスする方法が従来のままでは、全社的なテレワークの利便性と安全性を保てない恐れがある。その原因は何か。どのような点を改善すべきなのか。テレワークに適したネットワークとセキュリティ対策を解説しよう。


提供:株式会社IIJグローバルソリューションズ、パロアルトネットワークス株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部