2020年07月20日 10時00分 公開
PR

三越伊勢丹グループで約8000人の社員が使う顧客/商品分析のDWH基盤とはコスト削減、アプリ改修迅速化のために専用機から移行

三越伊勢丹グループは、約8000人の社員が利用するDWH基盤を先頃、Oracle Exadataで刷新した。その狙いと効果を同社の担当者に聞いた。

[ITmedia]

 三越伊勢丹グループは、現場社員がデータに基づいて販売施策などの意思決定を行う“全員分析経営”の実践で知られる。それを支えているのが、約8000人の社員が利用するデータウェアハウス(DWH)基盤だ。

 同グループは先頃、この基盤を「Oracle Exadata」で刷新し、コストを削減するとともに、ビジネスの要求に迅速に対応可能なデータ活用基盤を整えた。新たなシステムを導入するに至ったいきさつについて、専任チームが語った。

※本稿は、@ITからの転載記事です。


提供:日本オラクル株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部