2020年06月19日 10時00分 公開
PR

「インフラ運用の懸念を一掃したい」に応える賢い解決策とは多忙を極める一人情シスの“救世主”となるのは

予算も人も不足している中で、ITインフラの運用をどう効率化するか。たとえ効率化やコスト削減に有効な手段を見つけても、どう社内の稟議承認を通すか。多くの中堅・中小企業の悩みを解決するアプローチを探る。

[ITmedia]

 中堅・中小企業にとって、ITインフラの運用管理は大きな課題だ。IT予算が限定的な他、運用管理に当たる人員も慢性的に不足しており、いわゆる“一人情シス”も少なくない。だが、予算や人員の充当を経営者や決裁権者に進言することも難しい。たとえ、工数削減などの手段を見つけても、「収益に直結する手段」でない限り、稟議(りんぎ)承認を通すのも難しい傾向にある。

 しかし、サーバ、ストレージ、ネットワークという、それぞれに専門知識が必要な3層構造のインフラを、属人性の問題に悩みながら運用している企業や、サーバ仮想化で複雑化したインフラの運用に手を焼いている企業はかなりある。もちろん、問題が起これば、ビジネスの遂行が阻害され、事業部門や管理層から厳しく責められることになる。ここにパンデミックによる出社制限などの問題も重なり、運用には一層の効率化が求められていることは間違いない。

 ではどうすれば、限られた予算と人員で、インフラを効率的かつ安定的に運用できるようになるのだろうか。また、「必要なのに導入できない」「買ってもらえない」という状況にはどう対応すればよいのだろうか。解決のアプローチを探った。


提供:JBCC株式会社、日本ヒューレット・パッカード株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部