2020年07月07日 10時00分 公開
PR

脅威レポートで確認する、IoTセキュリティの現状とリスク管理の最適解とはパロアルトネットワークス株式会社提供ホワイトペーパー

企業や医療機関で利用されるIoTデバイスの数は増加し続けている。これにより革新的なアプローチやサービスが生まれる一方で、セキュリティ上のリスクも問題化してきている。そこでIoT脅威の現状と適切なリスク管理方法について解説する。

[ITmedia]

 革新的なアプローチやサービスといったイノベーションの創出において、重要な役割を担うIoT。既にビジネスや医療をはじめ、あらゆるシーンで不可欠なものとなっているが、その一方で新たなサイバーセキュリティのリスクも生み出している。

 具体的には、IoTデバイスがかかわるトラフィックの98%は暗号化されておらず、57%のデバイスに脆弱性が存在しているといった調査結果も出ている。対してサイバー脅威は進化を続け、攻撃の41%はデバイスの脆弱性を悪用している。IoT脅威の把握はあらゆる組織にとって喫緊の課題といえそうだ。

 本資料では、IoTセキュリティの現状と、企業や医療機関に迫るIoT脅威についてレポートする。IoTデバイスを活用している組織のセキュリティ対策の問題点から、エクスプロイト、パスワード攻撃、IoTワームといった深刻度が高いIoT脅威までを、ケーススタディーを交えながら詳細に解説。IoTによるリスクを軽減するための4つの対策や、IoTデバイスのリスク管理に関するベストプラクティスも確認できるため、ぜひ参考としてもらいたい。

個人情報取り扱いに関するご案内に同意されない場合、該当のコンテンツはこちらからご覧いただけます。

※コンテンツの閲覧には会員登録・ログインが必要です。