2020年08月24日 10時00分 公開
PR

「コピーなし、移動なし、遅延なし」で実現する新しいデータ活用「価値を生み出す」データ分析基盤とは

DX実現のためには、業務で生まれる多様なデータを活用して企業の「新たな価値」を見いだす必要がある。だが「何のデータがどんな価値を生むのか」を的確に想像できる企業は多くない。どうすればいいのか。

[TechTargetジャパン]

 業種を問わず話題になっている「デジタルトランスフォーメーション」(DX)の実現。そのためには、業務で発生する多様なデータを分析し、これまで気付かなかった「新しい価値」を見いだすことが重要だ。

 とはいえ既に企業は「ビジネスインテリジェンス」(BI)や「ビジネスアナリティクス」(BA)といった領域でデータ分析に取り組んできた。こうした取り組みとDXを実現するためのデータ分析は何が違うのか。

 有識者によると「これまでの取り組みは、データ活用が組織内に限定されていたり(サイロ化)、データが集まるまでに時間がかかり過ぎていたりといった課題があった。そのような状態では『企業の新たな価値』を見いだすことは難しい」という。

 これまでの取り組みで発生したさまざまな課題を解決し、「データを使って新たな価値を生み出す」ためにはデータ分析の基盤から考える必要がある。価値を生み出すためのデータ分析基盤とはどんなものだろうか。


提供:Snowflake株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部