2020年07月20日 10時00分 公開
PR

失敗が許されない既存システムのクラウド移行をどう実現するか企業に新たな価値を与える新しいパートナーの形

クラウド移行を打ち出す企業が広まっている。だが、クラウド移行を推進する担当者は不安を感じるのが正直なところだろう。従来のITインフラとは異なる部分もある。どう取り組んでいけばいいのか。

[TechTargetジャパン]

 クラウドサービスの電子メールやCRM(顧客情報管理)を利用することは既に珍しくなくなった。近年は、新しい顧客体験を提供するためのサービスの開発や運用にクラウドを採用する企業が広まっている。

 同様に社内で運用管理していた既存システムのクラウド移行が広がりつつある。だが「クラウドにどう取り組めばいいのか」「既存システムをそのままクラウドで動かして、本当にうまくいくのか」「クラウド移行のために多大なコストを費やして、業務システムを改修しなければならないのか」「運用は誰がどのように実行すればいいのか」など、方針としてクラウド移行を決めても実現に向けて考えていかなければならないことが山のようにある。

 クラウド移行に当たって担当者が抱えるこのような不安に対し、アマゾン ウェブ サービス ジャパン(以下、AWSJ)と「Amazon Web Services」(AWS)のインテグレーターとして知られるクラスメソッドのエキスパートたちが、クラウド移行の経験をベースに現実解について語った。


提供:アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社、クラスメソッド株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部