2020年08月07日 10時00分 公開
PR

あなたのデータは安全ですか? パブリッククラウドのデータ保護、課題と解決策デル・テクノロジーズ株式会社提供Webキャスト

パブリッククラウドにはサービスプロバイダー提供のデータ保護機能がある。しかし自社で使用するデータ保護との機能差による管理の煩雑化や、想定外のコスト増を招くことがある。これら課題に有効な解決策をデータ保護の専門家が解説する。

[ITmedia]

 クラウドファーストと言われ始めてから早や数年、新規アプリケーションのデプロイ先として、ミッションクリティカルなものを含め、オフプレミスが選ばれるケースが目立つ。その選定ポイントとして、従来のパフォーマンスとセキュリティの二大柱に続き、「確実なデータ保護」を重視する傾向が高まってきた。

 クラウド上のデータ保護というと、プロバイダー提供のネイティブ保護オプションもあるが、多くはポリシーごとにスナップショットを作成・削除できる自動化機能がないため、複製データの無秩序な増殖とともに想定外のコストが増大しがちだ。また、マルチクラウド環境の場合はツールセットを個々に用意する必要があり、管理が煩雑になるという課題もある。

 そこで注目されるのが、クラウドネイティブなスナップショット機能を外部から一元的に設定・管理できるSaaSソリューションだ。クラウド全体のリソースを自動検出・可視化でき、ネイティブオプションによるスナップショット制御アプリケーションの整合性確保もできるという。クラウド上のデータ保護をシンプルに実現するこの「クラウドサービス向け」クラウドサービスの強みを、Webキャストで紹介する。