2020年08月03日 10時00分 公開
PR

“デジタル前提”時代が始まった今、「ITインフラ」はどう変わるべきなのか?DXを加速し、新たな価値創出につなげるため

コロナ禍で人々の接触が避けられている今、企業には「デジタルを前提としたビジネスの在り方」への変革が求められている。では迅速かつ柔軟に顧客ニーズに応え、企業として存続していくためには、どのようなITインフラが必要なのか。

[ITmedia]

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック(世界的大流行)により、社会と企業は多大な影響を受けることになった。収束時期が予測できないことも手伝い、経済活動の在り方そのものが変わろうとしている。

 象徴的なのは、リモートワークが一般的な業務の進め方として定着していくと予想されていることだ。ビジネス/サービスもフェースツーフェースからデジタルを介した形へと提供形態が根本から変わりつつある。ビジネスから消費活動まで“ニューノーマル(新常態)”への転換を迫られているのだ。

 では経済環境が劇的に変化していく中、企業として存続していくためには、ビジネス/サービスを支えるITシステムにはどのような要件が求められるのか。これまでも度重なる環境変化の中、多数の企業をITの側面から支援し続けているプロフェッショナルに話を聞いた。


提供:日本アイ・ビー・エム株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部