2020年08月11日 10時00分 公開
PR

ニューノーマル時代の新たな価値創造をDXで実現するためには単なるITインフラにはとどまらない

ビジネスに一層のスピードと柔軟性が求められている今、デジタルトランスフォーメーションのトレンドが進展し、それを支えるITインフラにも変革が必要だ。「テクノロジーを前提とした変革」をもたらすには?

[ITmedia]

 企業がデジタルトランスフォーメーション(以下、DX)に取り組み、差別化の源泉としていくためには具体的に何から始め、何をそろえ、どのようなアプローチで進めていけばよいのだろうか。DXを推進し、サービス価値をスピーディーに創造し、改善し続けるには、アジャイル/DevOpsのアプローチが必要だ。そして、アジャイル/DevOpsを実践するために、新しい開発、運用の仕組みへと変革するために必要となるコンテナやコンテナ管理ソフトウェア、PaaSなどの各種技術は、企業にとっても活用のハードルが着実に下がりつつある。

 特にコンテナは、自分の思い通りのアプリケーションをどこでも容易に動かせる環境として、先端的な技術に取り組む開発者に注目された。そして徐々に利用が広がり、クラウドネイティブなアプリケーションを開発したいユーザーが、コンテナを積極的に活用している。

 だが、実際にこうした取り組みを進めるとうまくビジネスの成果につなげることができず、壁にぶつかる企業も少なくない。コンテナをうまく活用してDXを推進し、ビジネスの成果を獲得するためにはどのようなアプローチが有効なのだろうか。その“最適解”を探る。


提供:レッドハット株式会社、日本電気株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部