2020年08月17日 10時00分 公開
PR

事例で学ぶ クラウド移行に伴いサーバ設置場所の省スペース化をどうするか小規模オフィスでも困らない

クラウド移行に伴い、社内に設置したオンプレミスシステムを縮小する際に直面する問題が「設置場所の変更」だ。ケケン試験認証センターの事例から、サーバラック設置の悩みと解決策を探る。

[ITmedia]

 オンプレミスシステムをクラウドに移行して、運用コスト削減や柔軟な働き方を実現する「クラウドシフト」を目指す企業は一般的になりつつある。移行プロセスには長い時間がかかり、システムや運用体制の変化も段階的に進むものだ。

 クラウド移行の過渡期には、運用管理のコストを減らすために既存のオンプレミスシステムを集約する段階が訪れる。ただしオンプレミスシステムのハードウェアをデータセンターではなく事業所内に設置する場合、適切な場所の用意に苦慮することは少なくない。企業によっては専用のサーバルームを確保することが難しく、事務所や倉庫の一角に置いているケースもある。システムの規模を縮小するならば、それに伴ってサーバラックも省スペース化が可能なものに変え、空間を有効活用したいと考えるのは自然な流れだ。

 本稿は一般財団法人ケケン試験認証センター(以下、ケケン)の事例を取り上げ、こうした場面で直面しがちな「サーバラック設置の悩み」と解決策を紹介する。


提供:シュナイダーエレクトリック
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部