2020年08月17日 10時00分 公開
PR

アンジェスが直面した「サーバ床置き」の放置できないリスクと、その解決策とは安定稼働と安全のために

小規模事業所にとってはサーバラックを置くのも片付けるのも大仕事だ。しかし「置き場所は間に合わせでも仕方がない」と問題を後回しにしていると故障のリスクがある。アンジェスは小型のサーバラックを選ぶことでこの問題に対処した。

[ITmedia]

 近年は手頃な価格で利用しやすいクラウドサービスが充実し、中小企業も積極的にクラウド移行を検討しているものの、従来のオンプレミスシステムをクラウド移行するには時間がかかる。また、全てのシステムをクラウドに移行できるわけではないので、オンプレミスのシステムとITインフラを縮小させた後も、「オンプレミスとクラウドのハイブリッド」状態が続くことになる。

 中堅・中小企業の場合、データセンターのハウジングサービスにかかるコストを節約するために、サーバやストレージを事務所の一角に設置するケースは珍しくない。オンプレミスのITインフラを小規模モデルにリプレースすると、旧来の大きなサーバラックを持て余してしまうこともある。場合によっては「ハードウェアの置き場所は間に合わせでも仕方がない」と諦めて、サーバラックを使わずハードウェアを事務所の床にじか置きするケースもある。

 常駐のIT担当者がいない小規模拠点では、こうした問題を後回しにしがちだ。しかしIT機器は適切に設置しないと安全面で懸念が残る。問題を放置していると、IT担当者のトラブル対処が余計に増える事態にもなりかねない。こうした問題を解決する、小規模事業所のニーズに適した小型サーバラック選びのポイントを、アンジェスの事例とともに紹介する。


提供:シュナイダーエレクトリック
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部