2020年08月17日 10時00分 公開
PR

グローバル調査で分かった、パブリッククラウドからオンプレミス回帰12個の理由デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー

オンプレミス回帰(Cloud Repatriation)とはいったい何か? その意思決定にどのような意図があるのか? 米国の調査会社ESG(Enterprise Strategy Group)が海外で実施したハイブリッドクラウドに関する調査レポートをご紹介する。

[ITmedia]

 クラウドシフト時代に、クラウドで先行する海外ではオンプレミスへの回帰の流れがあるという。本レポートは、米国の調査会社ESGが日本を除く11カ国1,257名を対象に実施したハイブリッドクラウドに関する調査レポートである。

 パブリッククラウドとオンプレミスを連携させたハイブリッドクラウドを実現してこそ、組織は大規模なクラウドのメリットを享受でき、その成功においてモダンサーバは大きな役割を果たすという。本資料では、モダンサーバとクラウドとの関連性について多様なデータを提示した上で、オンプレミスのサーバインフラを活用してハイブリッドクラウドを成功に導くためのヒントを示している。