2020年08月26日 10時00分 公開
PR

PC選定から手軽に始める、安全で効率的なテレワーク環境作り株式会社日本HP、株式会社大塚商会提供ホワイトペーパー

テレワークの導入が急速に進む一方、情報共有やセキュリティなどの問題から業務効率低下を招くケースが増えている。そこで必要なテレワーク環境作りの要点について、環境作りをサポートする企業の活用ノウハウを交えながら紹介する。

[ITmedia]

 テレワークにおいてはITツールや人事制度、セキュリティなど整備が必要なテーマが多岐にわたり、何から手をつけるべきか悩む企業が多い。一方で実施中の企業にも課題はあり、情報共有やセキュリティ、ICT環境などの問題による業務効率の低下が表面化しているという。そのため新たなツールの導入が求められているが、豊富な選択肢が悩みどころだ。

 そこで推奨されるのが、Microsoft Teamsと、ノートPCを中心としたテレワーク対応製品の組み合わせだ。まずMicrosoft Teamsについては、チャット、Web会議、ファイル共有、Officeなどの機能をオールインワンで利用できるため、テレワークとの親和性が高く、社内の連携や研修の効率化に役立つ。またオンラインでの商談やサポートなど、高品質なサービスの提供手段としても浸透しつつある。

 ここに可搬性とセキュリティに優れたWindows 10 搭載のPC環境を組み合わせることで、安全かつ快適なテレワーク環境を実現できる。本資料では、こうしたテレワーク環境の基礎となるソリューション選びの要点を解説。その環境構築を支援する企業のMicrosoft Teams活用ノウハウも紹介しているので、参考にしてほしい。